読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルチューブ

社会ニュースを紹介!事実だけをとらえたリアリズムメディア!

こんなに悲惨な整形失敗の末路 顔面警戒警報発令中 崩れる改造人間

著作者:ssoosay

f:id:hirosi777abcd:20141204180643j:plain

 

昔のように見合い結婚の風習もなくなり、ブサイクには結婚のハードルが上がった。

また、バブル崩壊後、就職試験で筆記や学歴より面接が重要になり、見た目の良さも選考に影響される。

韓国では整形が大流行り。

もはや純潔な美人と元ブサイクの区別がつかないほどの異常さだ。

化粧の技術も進化し、女の子の顔はいつでもごまかせるようになった。

しかし、DNAまで操作して綺麗な顔を生み出す技術は、まだ未確立だ。

そのことと少子化が完全に無関係だとは言いきれないだろう。

仮に美人の顔になり、玉の輿で大金持ちの男と結婚したとしても、生まれてきた子供と妻の顔が異常に違うことに夫は不信感をもつ。

その結果として、最悪、裁判沙汰になってしまう悲劇も起こりうる。

容姿端麗であればあるほど、一般社会で成功できる可能性は高い。

これは、研究の世界でも証明されている事実だ。

偏差値重視からコミュニケーション能力を含めた総合力重視に社会のルールが変わってしまうと、生まれた時点のスペックで優劣が決まりやすく、美人を望む声はかなり強くなる。

だからといって、過去の歴史で、1つの国家の国民が全員美人に生まれることはありえない。

そうなると、必然的に絞ることは避けられなくなる。

差別だという意見もあるが、残念ながら、この国は資本主義国家だ。

外国人を含めた厳しい競争社会からは逃れられない。

それ以外の代表的な社会主義国家は、今や中国くらいしかない。

社会主義の問題として、計画経済の貧しさや、腐敗、汚職、政敵の虐殺があげられる。

美人とブサイクの格差こそ小さいが、みんなが貧しい状態だ。

そのコンプレックスがソ連を崩壊させ、アメリカを肥大化させる結果となった。

そのため、中国も市場原理を取り入れるハメになっている。

これは、競争色が強い資本主義に変わる社会システムがないことを物語っている。

競争に優位に立つべく、ブサイク達は自然の摂理に反して、自分の顔を改造する。

ただ、その子孫はブスのままだし、整形手術が成功するとは限らない。

仮に成功しても、定期的なメンテナンスで通院が必要なケースもある。

もし、整形に失敗すれば、醜い奇形顔を一生背負うことになる。

顔は奇妙に荒れ尽くされ、唇はゆがみ、変な切れ目が入り込む。

あごの骨格は不自然に丸みをおび、バランスがめちゃくちゃだ。

紫色に顔一面が腫れだし、目がほとんど開かなくなる。

ひどすぎるタラコ唇や、五右衛門の絵のような骨格がリアルに再現されてしまう。

一番問題なのは、左右の均等が失われることだ。

顔の皮膚が片方に偏っていることが、周囲の人に違和感をいだかせる。

人はかなり敏感な生き物だ。

ちょっとしたことでもすぐ気になってしまう。

改造人間による顔面崩壊警戒警報とはまさにこのことだ。

美しさを目指すあまり、よりブサイクになる悲惨なループ。

 

外部リンク

動画大全集

 

弱者の道連れ 失うものがない人間 急性ストレス反応

9・11米同時多発テロ事件以来、イスラム過激派によるテロの攻勢がおさまらない。

冷戦に勝利し、圧倒的な軍事力で突出した米国は、世界一の強者として君臨した。

欧米による過去の植民地支配で、かなりの劣勢にたたされたイスラム諸国。

大量破壊兵器に見られる残虐性はもちろんのこと、軍事技術や兵隊の数では大幅な差をつけられている。

封建社会下では、オスマン帝国が西欧諸国が束になっても苦戦するほど、恐れられていた時代があった。

だが、西欧の近代化に遅れをとり、世界の主導権をとられて以来、弱国になりさがった発展途上国として扱われる。

その貧しさへの屈辱が、凄まじい勝利への執着を生みだした。

だが、先進国は、ルール破りの野蛮な戦争を嫌う。

一定の富を手に入れた国民感情がそれを許さないからだ。

軍事的にも、経済的にも、強いからこそ綺麗事がいえるアイロニーがそこにある。

弱い国や人間が同じことをしたら、食べていくこともできずに死んでいくか、国家の衰退を招くであろう。

外交とは、常に自国の利益が衝突しかねない、ドロドロとした世界である。

貧困に追い詰められた人間は、まず失うものがない。

負け組であることの絶望感が勝ち組への嫉妬心をつくりあげる。

なので、どんな卑怯な手を使ってでも勝とうとするだろう。

急性ストレス反応で、イカレていく人間。

ベトナム戦争で使われたゲリラ戦法は、アメリカの戦争継続を困難にさせた。

同じように、自分より圧倒的に実力が上の対象に向けて、自爆テロを引き起こす事件が各地で見られた。

これを防ぐには、多大な行政コストをかけて、チェック体制を構築しなければならない。

まるで神風特攻隊のように、命を捨てて飛び出してくる相手の攻撃は、防ぎようがないのだ。

弱者も強者も1人の弱い人間として抹殺される、残虐性の強い自爆テロ

人間という生き物は、追い詰めれば追い詰めるほど、狂気の道に引きよせられる。

その誘惑に耐えられない人間だって必ずいるものだ。

断末魔の瞬間にも耐えて、肉片を飛び散らせるテロリスト 。

イスラム原理主義に従えば、自爆テロで死んだものは救われるらしい。

異性に困らず、幸せな生活を送れるというのだ。

周りが絶望的な環境であるほど、怪しい決まりも本当のことだと思い込んでしまう。

そうじゃなければ、自分の存在意義を失ってしまうからだ。

彼らにとって、巻き込まれる人間の命なんて考える余裕がない

ただ、敵国に忍び込み、体に搭載した爆弾を目的地に運ぶだけだ。

探そうとしても、大衆にまぎれ、実態をつかむことが難しい。

そして、思考を停止したまま、無慈悲に爆弾のスイッチを入れる。

成り上がりのチャンスもない貧民の反抗。

その反逆心が世界をさらに混沌なものにしていく。

持たざる者の強烈なコンプレックスによる無差別テロ。

子供が兵士になるイスラム国軍 パルミラ遺跡でシリア軍人の処刑映像を公開

f:id:hirosi777abcd:20150707095255j:plain

 

もはやアメリカでは抑えられないほど勢いを増すイスラム過激派組織『イスラム国』。

シリアの領土を攻略し、古代都市パルミラ遺跡にて、シリア軍兵士25名が複数の少年兵に殺される事件が発生しました。

世界遺産で行われた残虐行為ですので、歴史的な破壊されることを憂慮している声があります。

罪悪感を感じにくい子供による殺害行為であるため、ためらいなく行われた可能性が高いです。

少年が周りの環境に素直に順応してしまうのが悲しいところです。

少年兵だといっても、国によっては10代中頃から大人とみなす国もあります。

その公開処刑で銃殺されるシリア兵士の様子が映像で公開されました。

現時点で、このような残虐行為を止められる国々は存在しません。

中東の混乱はどうしようもなく野放しにされています。

アフガニスタンイラクの混乱を中々抑えきれないくらいなので、武力を投入することは困難でしょう。

国連軍が組織され、投入されるとは考えづらいです。

本当に武力が強い勢力なんて少数精鋭でしかありません。

制圧されてしまった住民の暮らしは滅茶苦茶な状態です。

イスラム国側の兵士自体も使い捨てにされる運命にあるかもしれません。

この残虐行為から、欧米社会への激しい怨念が見てとれます。

かつては、中東地域より少ない人口で戦わなければならない欧米人は、戦争では勝てませんでした。

そのため、イスラム諸国に大幅な領土を奪われてきたわけです。

そこで、欧米人は、少ない兵力で強力な武器を使い、戦術を扱えるよう工夫するようになりました。

こうして、大砲や銃、爆弾などの近代兵器が作られるにつれて、戦況は逆転していくのです。

イスラム諸国は、次々と欧米人に植民地化されていき、大きな屈辱を味わう結果となりました。

現代になって、非人間化された大量破壊兵器で戦争をしかけてくる欧米に対抗することはできません。

しかし、さすがに、彼らでも道連れになってでも捨て身で応戦してくる人間には対抗できません。

それが、自爆テロであり、いくら戦争に勝利していても、またこりずに武力をふるってくる戦争の泥沼化でもあります。

武力を兵器に頼りすぎたために、経験や肉体的な力が弱体化してしまっているのです。

もともと、アメリカがイラク戦争なんてしなければ、こんなことは起きなかったかもしれません。

それほど、憎しみの連鎖が恐ろしいのです。

もはや治安組織も機能することなく、無法地帯になってしまっているでしょう。

遠い中東の情勢ですが、集団的自衛権の関係で日本も無関係ではいられません。

柏連続通り魔事件 竹井被告に無期懲役の判決 終身刑の必要性 死刑にならず

著作者:vectorgoods.com

f:id:hirosi777abcd:20150623194830j:plain

 

昨年の3月、柏市内で、会社員を殺害して持ちものを奪い、近くにいた男性3人にも強盗を行い、1人に傷害を負わせたとして、犯人は罪に問われることになりました。

その強盗殺人や強盗致傷で加害者側である竹井被告は、キチガイじみた言動から精神疾患の疑いをもたれたようです。

統合失調症のような妄想が強いような感じがしました。

人格障害発達障害の可能性があるのでしょうか?

この犯人は無職で、ただ生活費欲しさに犯行におよんだみたいです。

裁判では、検察側の無期懲役と弁護側の懲役25年の求刑が争点となりました。

ただ、結果として、裁判官は無期懲役をくだしたようです。

この事件について、死刑にしたほうがいいなど過激な意見が目立っています。

しかし、よほどひどい殺人に至らない限り、死刑判決は難しいのです。

これに対して、死刑の一瞬の苦しみより、無期懲役が苦痛を長期間味わうことを希望する人がいそうです。

普通の感情論だけで司法の判断が狂わされてはならないのです。

加害者の言動から言っても、反省しているようには思えません。

また、竹井被告に精神疾患があったかも争点になりました。

弁護側は、これによる罪の減刑を狙っていましたが、叶わなかったようです。

司法は、竹井被告に悪意があるとみなしました。

犯人は、また殺人できると喜んでいましたが、刑務所内で殺傷が起きるか心配です。

主張からしても、ぶつけようのない気持ちをはらそうとしている気がします。

就職先がないことで、反社会的な感情が爆発したのでしょうか?

コンプレックスが強すぎる人は、なかなか社会に適応できません。

職にありつけても、人間関係によってショックを受けやすいのです。

ただ、自然に良好に育った人との落差が大きくなりがちです。

そうなると、楽しいと思った感情を共有することが不可能になります。

こうした適応障害になる人は、一定多数いるのです。

無期懲役になったからといって、一生刑務所にいるとは限りません。

刑務所の態度次第で、何十年後、出所してくるのです。

悪いケースだと、出所後にすぐ犯罪を行ってきます。

犯罪者の再犯がこうして繰り返されていきます。

そうだとしても、終身刑じゃないと、ずっと刑務所に閉じ込められる可能性は約束されません。

国民から見ても、でてきてほしくない加害者は存在します。

ところが、法律のルール上、定められた期間で、受刑者はでてくるのです。

それに、現在、刑務所に犯罪者をいれる余裕がありません。

刑務所が満杯でどうすることができないのです。

整備されない自転車道不備 チャリンコ違反が相次ぐ改正道路交通法罰則強化

著作者:Freepik.com

f:id:hirosi777abcd:20150609094036j:plain

 

今回、改正道路交通法によって、自転車運転の罰則が強化されました。

これにより、お酒を飲んだ運転や、スマホ直視、音楽聞き取りのながらサイクリングが違法となります。

もちろん、夜間になれば、電灯を必ずつけなければなりません。

信号無視で高スピードから飛び込む行為もできなくなるでしょう。

片手で傘さし運転は困難になり、カッパの着用が必須にもなってきます。

そして、歩道と車道の間にある自転車道で、運転していくことが義務づけられます。

ちなみに、違反者は、自転車運転者講習を受けなければならないのです。

もし、さからって受けなければ、5万円以下の罰金を払うことになります。

しかし、今さら、道路のインフラ整備が進んでいるといえるのでしょうか?

結局、自転車道拡張工事が進んでいるのは、全道路の一部分に過ぎません。

そうなると、自転車は、自動車とぶつかるスレスレの運転をする必要がでてくるのです。

だからといって、歩道に逃げ込んで、セーフラインのサイクイングは違法となっています。

確かに、自転車道が整備されていないところをはしる場合は、歩道よりの運転になるのはやむを得ない規定があります。

今のところ、この部分は、グレーゾーンとなっている問題点でしょう。

警察官の裁量次第で理不尽な裁きがくだるかもしれません。

取り締まる側にとっては、摘発のノルマを達成する範囲が拡大したので良いことかもしれません。

今のところ、改正法が十分に広まっておらず、自転車へのマナーに自覚がない運転者が多いですから、混乱が続くと思います。

運転者は、自転車道である路側帯の拡大を、一番に願うことでしょう。

パトカーか二輪、歩行で、違反者を発見するのでしょうか?

それほど、今までの自転車事故が悪質なものだから、ペナルティが強化されたのだと受けとめるしかありません。

まだ社会を知らない低年齢者のサイクリングほど、危険になりがちです。

実際に、死亡事故に発展した例だってあります。

もう一生自転車に乗らない人にとっては、これほど都合の良いことはないでしょう。

なぜなら、歩道での衝突事故に遭うリスクが急減するのです。

これで、安心してウォーキングを行えることになります。

自動車を運転する側から見れば、自転車にぶつかりそうで危ないでしょう。

高齢者だったら、突然、意識を失って車道に倒れてきそうです。

これで、交通刑務所に入ることになれば、人生を台無しにされてしまいます。

こうした不条理なことが、道路交通では日常茶飯事です。

高齢者ドライバーの事故原因 身体の衰え以外に運転への過信が関係だと判明

f:id:hirosi777abcd:20150526092500j:plain

 

高齢者ドライバーの引き起こしがちな事件といえば、アクセルとブレーキを踏み間違えたり、逆走などの事例があります。

本来、それほど高齢になれば、免許を返してドライバーを辞めてもかまわないでしょう。

高速道路の逆走が7割が高齢者という統計もあるのです。

さらに、65歳以上になれば、仕事をしている人はかなり減ります。

ただし、これは、あくまでも都会に限定した話で、地方になれば、運転免許が必須の地域があるのです。

これにより、老体にムチ打って、車で移動しなければならない老人が発生しています。

当然、歩いて移動できる歩道がないからこそ、どうすることもできないのです。

なので、転居すれば解決しますが、こういった高齢者は、思い入れのある地域を離れたがらないのが一般的です。

別の地域に行けば、人間関係をいちから構築しなければなりません。

それでも、老眼などの認知機能の低下で、運転の衰えを実感していくでしょう。

そうではなくても、自分の運転への過剰な自信をもてることは、ある意味、危険なことです。

いくらドライブのテクニックが優れていても、相手の運転が悪ければ、事故は起きてしまいます。

車の運転は相互に依存し合ってこそ、始めて成り立つのです。

車体にぶつけられたまま逃げ去っていけば、こちらが修理費用を負担しなければなりません。

修理費用だって、お金に余裕のない人は払えないでしょう。

結果的に、ぶつけたり、ぶつけられた跡をそのままにしている自動車は多いです。

良く、高齢者がほかの車に依存した運転をしてしまう傾向にあります。

車線に侵入するときも、だいぶ遅れたタイミングで入ったり、信号の変化に鈍感でもあります。

また、過信によって不注意なわき見運転をしてしまうことがあります。

これは、ドライバーの異常な自信が、最悪な事故を軽視してしまうのです。

これを防ぐ技術として、自動運転機能があります。

しかし、それで事故を起こせば、車を作ったメーカー側に責任が生じる結果になるのです。

老人になれば、危険予知する力が落ちることは明白です。

いつまでも若いと錯覚していても、身体機能は必ず衰えてきます。

運転がうまくなっても、優越感に浸ってはなりません。

その結果が、大事故だと全く無意味なのです。

これから先、老齢人口はどんどん増えていくでしょう。

そうなると、運転手が老人ばかりになりがちです。

一瞬の判断が要求される自動車の運転ですから、気をつけて運転したいものです。

死ぬのが怖い