ソーシャルチューブ

社会ニュースを紹介!事実だけをとらえたリアリズムメディア!

税理士試験は独学では無理なのか 勉強法と勉強期間を考える

税理士試験の実務経験のとり方

簿記以上に難解で、公認会計士のように、1度に全科目一発合格しなくても良い税理士の試験。

これなら、時間のある学生時代ならなおさらのことですが、なんとか時間の取れる社会人でも合格のチャンスはあると思います。

ただ、会計事務所で実務経験を2年つむことが必要になります。

これは、税理士合格を応援してくれる会計事務所もあることから、新卒で狙ったり、若いうちの転職で経験を得るしかありません。

ここでネックなのが、中高年から、転職で税理士を狙うのは、転職が困難である以上、難しいでしょう。

ただ、マイナーですが、一般企業から租税・会計事務の実務経験が2年以上であっても、必要となる証明書類は増えますが、税理士になる条件を満たせます。

なので、転職ではなく、税理士筆記試験合格をいかして、経理・財務部の部署の移動を願いでれば、うまくいく可能性はあります。

税理士試験で独学は無理か

では、税理士試験の座学で独学は無理なのでしょうか。

正解は、それで税理士になった人がいる以上、無理ではないでしょう。

ただし、とても膨大な量の勉強をしなければなりません。

税理士試験は、選択科目や必須科目含めて、5科目合格させる必要があります。

ただ、時間のある大学生でも、独学で税理士合格は絶望的なレベルです。

なぜなら、税理士試験の合格率は10%しかありません。

それも、この10%は何年も落ち続けている人達がほとんどです。

これだけの猛者ぞろいの中、大学の楽しい学生生活を犠牲にしなければなりません。

ただ、勉強のみに、4年間のほとんどを集中するのです。

これで、さらに会社員が勉強するとすれば、絶望的としかいいようがありません。

従って、一部の天才を除き、凡人は専門学校に通うことが必ず必要になってきます。

資格試験の学校は学費がかかりますし、就職活動の邪魔にもなってしまうでしょう。

社会人は、長時間労働とのいたばさみに苦しまなければなりません。

それに、仮に合格できたとしても、AI人工知能によって、ほとんどの事務作業の仕事が失われます。

収入も、中小会計事務所がほとんどなところで、年収500万円程度しかもらえません。

これほど、苦労と結果が見合わない資格はないでしょう。

受験者に来てほしい専門学校は、税務のコンサルティングなどの接客や、税法に関するアドバイスはまだ人工知能に自動化されてない、税理士の高齢化が進んで求人に余裕があるなどとぬかしますが、これは、受験者からお金をとるための宣伝です。

確かに、当たってるところもあるかもしれませんが、割りに合わない部分が多いでしょう。

コミュニケーション能力がない対人恐怖症の受験生が税理士に合格したところで、全く役に立ちません。

税理士の勉強法と勉強期間

それでは、そんな困難をのりこえてでも、税理士になるモチベーションがある人に向けた勉強法を紹介します。

主に、ペーパーテストで主に使う計算式や法文の長期記憶力については、『エビングハウスの忘却曲線』を参考に考えれば、おのずと記憶術の勉強法が見えてきます。

この曲線は、人間が、ある内容を記憶したあとに、同じ内容をどれくらいの期間が経てば何%忘れるかを示す明確な実験結果です。

その忘却を防ぐために、復習という形で脳を騙しながら、再度、同じフレーズを記憶していきます。

例えば、全145ページあるテキスト10ページ分を3日かけて3回繰り返して復習したとします。

このとき、注意することは、必ず1日ほど復習の感覚を空けることとです。

これは、すぐに復習しても、忘却している割合が少ないので、効果が低いためです。

そのペースで1ヶ月半程行い、145ページ近く、脳の記憶にいれこんだことになります。

これを同じやり方で残り3ヶ月行い、テキストを合計3週してください。

そうすると、明確にないにせよ、ある程度、テキストの内容を覚えていることになります。

そこで、次は復習の回数を1回減らして、テキスト15ページ分を2日かけて2回繰り返して復習してみてください。

勉強の負担は、1週目と変わらないはずです。

これだと、20日でテキストを1週できます。

これを、また、残り1ヶ月と10日程で合計3週してみてください。

さらに、その後、復習の回数を1回減らし、テキスト30ページ分を1日で記憶します。

これだと、5日でテキストを1週できます。

この調子で、10日程でテキストを3週します。

ここまでくれば、かなり明確にテキストの内容を覚えていることでしょう。

ただ、この勉強期間による周期は、どうしても個人差があります。

心配な場合は、悪い記憶を良くするために、記憶する日数を増やしたり、テキストをまわす回数を増やせばいいとと思います。

この方法は、税理士の試験だけでなく、歴史、元素記号や数式の記憶にも応用することができます。

以上が、時間の限られた人でも有効な長期記憶術です。

うまくいけば、税理士の勉強期間はかなり短縮できると思います。

中学生・小学生が簡単に防火ポスターを描くためのアイディアの考え方

防火ポスターの難しさ

夏休みに入って、防火ポスターの何を描いたらいいのか分からない子供達は、いるはずです。

中学生や小学生が急に宿題としてやらされることになり、困惑していることでしょう。

義務感におそわれて、アイディアなんて何も浮かばないかもしれません。

いくら夏休みの宿題で、防火ポスターを求められても、芸術のセンスのない凡人に描けるでしょうか?

防火ポスターに、中学生や小学生が必要とされているのは、火事のイメージとそのひどさを文字で伝えるキャッチフレーズです。

正直なところ、宿題は、アイディアが豊富で好きで絵を描いている美術部の部員だけにだしてほしいのが本音でしょう。

防火ポスターがコンクールにだされるのであれば、やる気やモチベーションがでるかもしれませんが、たいていの中学生や小学生は、アイディア不足でダウンしてしまいます。

しかし、いくらアイディアが思いつかないからといって、ネットの画像のコピーを絵にしてはいけません。

では、防火ポスターのアイディアがうまく思いつく方法はあるのでしょうか?

火事のイメージの背景を考える

まず、防火ポスターを描くうえで、火事の原因や、火事のひどさを、見ている人の視点にたってイメージすることが重要です。

例えば、火事の原因として、捨てられたタバコやバーベキューの残り火などが考えられます。

これは、火事が起こる寸前の光景を示します。

次に、別の視点から、火事のひどさを訴える描き方もあるでしょう。

イメージとしては、人々が倒れたり、やけどをおったりしている場面や、建物が焼かれている状況が考えられます。

このように、見る他人の視点にたって、火事のイメージを浮かべることで、面白いアイディアがわいてくると思います。

絵から距離があっても、インパクトのありそうな絵のアイディアを勧めます。

ポスターに描くキャッチフレーズとは

実際に、火事の背景が決まったら、今度は、このポスターで訴えたいことや悲惨さを伝える文章を考えていきます。

すなわち、防火ポスターにのせるキャッチフレーズのことです。

絵だけ完成していたとしても、文章がなくては、一部の分かる人にしか、絵の良さは伝わらないと考えられます。

そこで、火事が一度起きたら、どんなにひどくとりかえしのつかないことになるかを文章であらわしていくのです。

それができたら、その問題提起に対して、防止法や注意点をつけ加えていきます。

例えば、ふとした不注意が火事の原因を招くことや、日常的な後片付けの不始末で火事を起こさないように注意しようといった感じです。

アイディアを紙に描く

防火ポスターの背景とキャッチフレーズができたら、それらを紙に描いていきます。

このとき、注意すべきなのは文字の大きさです。

もちろん、ある程度の文字の大きさは必要ですが、あまり大きすぎると、何の背景の絵か分かりづらくなります。

また、下書きが必要であれば、絵や文字を鉛筆で軽く書いておきます。

こうすることで、絵や文字のバランスが悪くなることを防ぐことができるでしょう。

あと、防火ポスターの絵の具は、水彩のものではなく、できるだけ濃いものを選ぶと良いです。

最初に、背景から描いていき、あらかじめ決めたスペースに文字を描いていく要領です。

こうすれば、コンクールに入賞するまでのポスターでないかもしれませんが、ある程度のできにはなると思います。

あらかじめアイディアで準備してある分、フデの動きもスムーズにいくことでしょう。

最後に、注意点ですが、夏休みの宿題で防火ポスターづくりは、ギリギリ最後にしないようにしてください。

絵の具をかわかさなくてはならない分、徹夜でやると準備不足になる可能性があります。

さらに、新聞紙を絵を描く紙の下にひいたり、水の準備をしたりして、作業が面倒になることがあります。

時間がなければ、できたら家族の人に協力をもちかけるなどして、作業を完成させてくださいね。

中学生、小学生の方は、夏休みの宿題をためこまないように、ぜひ頑張ってください!

広島の原爆の威力とは 死者と被爆範囲を考える

広島の原爆の威力と被爆範囲

1945年8月6日に投下された広島の原爆。

これにより、日本は大きな被害をこうむりました。

では、この原子爆弾リトルボーイ」の威力はどれほどのものだったのでしょうか?

これは、原子の核分裂反応を利用した爆弾であるため、難しい科学の用語で説明しなければなりません。

詳しい科学式などは、ウィキペディアに掲載されています。

なかなか多くの人にとって、広島の原子爆弾の威力は理解しがたいことがらでしょう。

見ただけでは、威力のイメージも難しいかもしれません。

ただし、確かなのは、相対性理論を確立した科学者、アインシュタイン氏は、原子に莫大なエネルギーが秘められていると説明しています。

彼は、原子爆弾の製造に関わり、のちに後悔していました。

確かに、原子爆弾の原料とされるウランが、核分裂反応で、爆発のエネルギーとしては、強力なエネルギーをだすことは確かです。

実際に、原子爆弾は、放射線をだし、強すぎる熱風を放出しました。

このことが、人体にかなり悪い影響を与えたといえます。

まず、ふりかかる熱線のおかげで、熱傷やケロイドのやけどのような傷跡に悩まされました。

しかし、それだけでなく、さらに深刻な影響を与えたのは、放射線による病気です。

特に、高濃度の放射線をあびた人は、高い確率で白血病になり、当時は不治の病で治せないまま命を落としていったらしいです。

まだ、これらは、爆心地からある程度、離れていた場合か、直接爆風を受けていない場合です。

そのため、空中爆発して、爆心地1キロメートル以内の範囲では、6000度の熱が生じ、人体は、ほとんど蒸発してしまいました。

本当に、広島の原子爆弾の威力によって、あとかたもなく、消滅したのです。

また、爆心地2キロメートル以内の範囲では、木造住宅のほぼ全てが燃えています。

爆風による死亡も、威力によるところが大きいです。

爆風は、450m/秒の風がふき、人間の手足や皮膚をバラバラにひきちぎっていきました。

内臓も破裂してしまい、眼球が飛び出てしまうなどの被害があります。

原子爆弾は、まさに最悪の核兵器だったといえるでしょう。

なぜ原子爆弾が投下されたか

当時の日本軍は、負けていて制空権までとられ、本土決戦の戦闘範囲しかなく、空襲まで受けていたのに、戦勝ムード一色でした。

一部の軍部に支配された政府やメディア以外、本当の情報は秘密とされていたのです。

これが、嘘の情報に支配されて、どんなことになっても降伏しない大日本帝国の国民にさせたともいえます。

神風特攻隊の突撃や魚雷に乗り込んでの特攻で死んでいった若者は数しれません。

そんな決して降伏しない日本兵を恐れた米軍は、沖縄本土決戦を行い、日本軍を追いつめていきます。

それで、予想以上の被害を受けた米軍は、それでも降伏しない日本軍に、原子爆弾でトドメをさしたのです。

実は、日本軍側も原子爆弾を持っていました。

しかし、人道的にこれ以上の戦火はあってはならないと考え、大日本帝国は降伏したのです。

日本軍を降伏させるほど、原子爆弾核兵器は威力が大きすぎました。

広島の原子爆弾による死者数

人が消えてしまうほどの威力だった原子爆弾の死者数は、残念ながら、現代の技術を持ってしても正確に把握できません。

ただ、1945年時点で、14万人が死亡してしまったといわれています。

当時の人口から考えて、死者数は膨大な数でしょう。

その後も、放射能による障害や火傷の影響で、亡くなってしまった人も加えられるはずです。

この原子爆弾の威力による被害を忘れないためにも、毎年、8月6日には、平和記念式典が行われています。

日本は、核兵器により被害を受けた唯一の国です。

そのため、核兵器の使用は非核三原則により、禁止されています。

戦争も行うことも、憲法を改正しない限りできません。

今後、また戦争や核兵器にふりまわされる日がくるかもしれません。

長崎原爆の日 原子爆弾の名前や爆心地からの投下範囲 生存者の実態

長崎原爆の日に至る経緯

1945年8月9日、長崎に原子爆弾が投下されました。

広島に続く形で、2発目の核兵器の使用です。

これは、長崎県長崎市に落とされたものが、人類史上最後の核兵器使用だったことを示しています。

これ以降、約70年以上、戦争の実戦で核兵器が使用されなかったことは、ある意味、すごいことでしょう。

実は、当時の米軍は、早く日本が無条件降伏しなければ、合計で12発の原子爆弾を使用する予定でした。

その中に、東京も含まれていたくらいですから、被害ははかりしれませんでした。

話を戻しますが、長崎の原子爆弾によって、死者がおおよそ7万4千人ほどの被害になったらしいです。

当時の長崎市の人口が24万人ですから、だいたい3分の1の人が亡くなったことなります。

広島の原子爆弾と比較しても、人口が1日でいっきに減る被害に変わりありません。

核兵器を使った以上、1発でも、日本という国家自体、大ダメージを受けてしまいます。

こうした被害を受けて、8月9日を長崎原爆の日と定めました。

毎年、長崎原爆の日では、二度と核兵器が使用されないように、平和記念式典がとり行われています。

原子爆弾の名前と投下範囲

長崎に落とされた原子爆弾の名前は、通称、「ファットマン」といわれています。

名前から推測するに、ふくらんだ形状がイメージできますが、実際のところは良くわかりません。

この原子爆弾は、当初、北九州の福岡県小倉市に落とすはずでした。

かりにそうなっていれば、広島の原爆を上回る被害になっていたことでしょう。

しかし、悪天候で発射目標の街を確認することができず、燃料にも限界がありました。

これにより、次なる目標の長崎市へと原爆を投下することになったのです。

このファットマンの威力は、広島の原爆リトルボーイを上回るものでした。

これは、プルトニウム239を使った爆弾であるため、広島の約1.5倍の破壊力が達成されていたのです。

爆心地は、あとかたもなくなり、その範囲は、ただ荒野だけが続いたらしいです。

建物もふき飛ばされて、ひどい惨状のありさまでした。

人々は、あとかたもなく飛び散り、爆心地からある程度離れた範囲でも、ひどければ、全身に大火傷を負うなどの状態です。

生存者である被爆者の実態

原爆の爆心地から3キロメートル離れた距離で、爆弾が爆発した瞬間、光が発生し、隠れた机に割れたガラスが突き刺さるひどさだったらしいです。

その生存者が、爆心地からわずか数百メートルの距離に行くと、おびただしい死体ばかりがころがっていました。

被爆者は放射能の後遺症に苦しみます。

その影響で、当時、人体は悪化し、突然死する人もあらわれたらしいです。

広島や長崎に落ちた原子爆弾ピカドンという名称で全国に広がりました。

周囲には、ピカドンの毒はうつるということで、被爆者の方々を差別していたみたいです。

今では、当時の偏見が忘れられて、風化したように思えます。

ちょうど、現代でも、東日本大震災原子力発電所放射能漏れも、そこに住んでいる人間や野菜や肉などに、放射線の悪影響がないか懸念されました。

当時の被爆者も歳をとって、80代をむかえるまでになりました。

ところが、当時の記憶は、トラウマとして鮮明に覚えているようなのです。

また、ひどい情報では、広島と長崎の被爆者の人体実験の記録を、戦後、米国に渡していたのです。

核実験を初の実戦で用いたため、とても必要だったのでしょう。

降伏した敗戦国であるため、反抗するすべも、もはやありません。

結局、戦争回避をギリギリまで行いましたが、勝ち目のない戦争をして、全てを失う結果になりました。

資源のない大日本帝国が、石油の輸入を米国にストップされたのですから、どうしようもありません。

社会人のための読書感想文の書き方 研修で結果をだす

社会人と読書感想文の接点

最近では、新入社員の研修として読書感想文を書くように命じられることがあります。

まさか社会人にもなって、読書感想文を書くなんて思いもよらなかった。

そんな気持ちになる人は、とても多いと思います。

昔から夏休みの宿題になると、どんな本について、どういった感想文を書けばいいのか分からない、といった悩みが、私にもありました。

ただ、課題となる本については、会社の方から事前に決めてくれていることがあります。

しかも、作文用紙に書く場合もあまりなく、パソコンで感想を書けばいいのです。

字が汚くて悩んでいる人にとっては朗報でしょう。

ただし、例外として、手書きを求める会社もあるかもしれません。

以上の理由から、学生の頃の読書感想文に比べれば、はいるハードルは低いでしょう。

しかし、問題は、出口である結果の方です。

学校のときのように、読書感想文をだらだら書いて、読書感想文のコンクールを目指すのを特に目的としないのなら、結果は求められないはずです。

つまり、ぶなんなできの読書感想文の書き方であれば、それで良かったのです。

しかし、社会人の研修で感想文を提出するとなれば、会社は、その感想文がうまく書けているか結果を求めてきます。

ただ、読書感想文は、研修作業の一部の評価に過ぎないということを忘れないでください。

会社側も、最低限の論理的な文章力を見ているだけかもしれません。

ただ、読める文章の書き方であればそれでいいのです。

企画書や作業のレポートをつくるときに、文章の構成を知らなかったり、漢字がかけなかったりしたら問題になりますよね( ・∇・)

私の社会人時代に、読書感想文を書いた実例では、課題となる本を与えられました。

幸運なことに、本を選ぶ手間は、はぶけました。

研修中に提出する感想文も、A4用紙2ページ程度にまとめられれば良かったのです。

それほど、厳しい条件ではありませんでした。

特に、うまさを気にして書かなかった記憶があります。

しかし、それでも、正社員採用や給料にひびくことはわずかでも避けたいという方は、読みやすい読書感想文の書き方をマスターする必要があります。

課題となる本の選び方

まず、会社が自由に本を選んで書いてきてもいいとおっしゃった場合、自分自身で本を選ぶ必要があります。

その場合、できるだけ誰でも知っている本を選ぶべきです。

なぜなら、評価する側も、その本の最小限のうわさを知っていないと、感想に共感がしにくいですからね。

誰も知らない本だと、最悪、その本の概要を説明しないと分からなくなるかもしれません。

そして、本のボリュームも、大きすぎず小さすぎない程度が、ちょうどいいでしょう。

ただ、例外として、本の量は、どれくらいの量の感想文を求められるかにもよります。

例えば、かなりの量の読書感想文なら、ボリュームが大きいほうが書きやすいでしょう。

読書感想文の書き方

文章の書き方は、起承転結にしたがって書いていってください。

まず、「起」ですが、この本の概要を書き、作者が一番伝えたいことを書きましょう。

次に、「承」では、作者の伝えたいことの具体的な本の内容部分を、説明すると良いと思います。

それから、「転」で、本の内容について、自分なりの感想を述べましょう。

最後に、「結」には、この本を読むことで、自分がどのように変わったか、これからの人生でどう活かしていくかなど、結論部分を書いていきます。

文章の全体的な割合は、起や承でそれぞれ2割程度、転と結でそれぞれ3割程度で良いと思います。

あくまで評価するのは自分ではなく他人なので、あまりうまく書こうとはせず、リラックスして、読書感想文を仕上げましょう。

東京オリンピック・パラリンピックの費用と利益 ブラックボランティアの実態 きつい条件に苦しむ大学生

東京オリンピックパラリンピックの費用と利益

日本が衰退国家として本格的に歩んでいく前の最後のお祭りとして、東京オリンピックがあります。

一見、華やかでとてもめでたいことなんですが、一方で東京オリンピックパラリンピックを運営するには莫大な費用がかかります。

当然、そのために投入されるのは、私達の血税であります。

そこで、組織委員会で、あらゆる統計から試算された東京オリンピックパラリンピックの費用は、なんと3兆円にものぼるのです。

本当にこれだけ費用をかけて利益をだすことが、果たして可能なのでしょうか?

中には、3兆円を超すといううわさもありますが、小池百合子東京都知事は、コスト削減を行い、2兆円におさえると主張しています。

このオリンピックの超コスト体質を、世界のIOCは、堂々と批判しています。

果たして利益が残ってくれるのか心配になってきます。

組織委員会の内部を改革し、森会長には退場してもらう必要があるでしょう。

そこで、これほど費用に余裕がなくなってくると、経営にたずさわる人ならすぐ分かるように、削りたくなるのは人件費でしょう。

東京オリンピックパラリンピックに奉仕するボランティアの条件

これを、東京オリンピックパラリンピック組織委員会は、学生ボランティアでカバーしようとしているのです。

この学生ボランティアですが、多くのメディアで、ブラックボランティアだという批判を受けています。

まず、応募条件として、交通費や宿泊費、食費は、全て学生ボランティアの負担になります。

ただでさえ、大学生なら当然学費がかかってきます。

奨学金を借りている人なら、これが原因で、将来、自己破産してしまいかねません。

お金のない18歳以上の成人がそんな負担ができない以上、当然、ボランティアに行けるのは、東京に実家があってパラサイトしている人ぐらいでしょう。

それか、大学生の親がある程度裕福であることも必須条件となります。

東京は、人口が多いですから、それなりの人数の大学生は集まると予想されます。

ただし、合計で、ボランティアを10万人近い人数を要求している組織委員会の姿勢は、このままで大丈夫なのでしょうか?

日本全国で、一定期間の間、お金を負担してやってくるもの好きが、そんなに集まってくるか怪しいです。

実際は、過去のリオデジャネイロオリンピックでボランティアの人手がたりなくなって、集まった少ないボランティアに作業が集中しすぎて大混乱になった実例があります。

そのボランティアからボイコットまで受けたらしいのです。

また、地域の経済格差が中国ほどひどくなくても実際にある日本では、東京オリンピックのボランティアは地方からいきづらいです。

しかも、ボランティアの種類によっては、1日8時間ほど拘束されるようです。

ちなみに、将来の自分がアルバイトでためられるであろう就職活動の費用や学費と、一度しかない東京オリンピックのボランティア体験と、どちらが大事になるでしょうか?

さらに、強欲な日本政府は、ボランティアが必要な期間中は、大学の教育を停止するよう大学側につげてきました。

これは、あまりにも横暴なやり方としかいいようがありません。

当然、大学側も、こういったやり方には、ほとんどが反対してくるでしょう。

ブラックボランティアに要求される優遇スキル

この1日の時間拘束以外にも、ブラックボランティアに優遇されるスキルはあります。

まず、英語などの語学ができるという条件のボランティアは、ぜひ応募してもらいたいようです。

外国人が海外各地からやってくるのですから、当然ですね。

次に、オリンピック・パラリンピックに知識があり、スポーツボランティアの経験がある方などです。

あとは、日本人特有の精神論がしっかりしている方を求めてきます。

以上、ボランティアの説明ですが、これほどのスキルが求められるなら、はっきりいって必要な人数を雇ったほうがいいと思います。

学生も就職活動のアピールなどで利用できると考えていそうですが、こんなに人数が募集されると、自己アピールも似たものになってしまいがちです。

ほとんどの作業をボランティアに頼りすぎるのではなく、しっかり雇った専門するキルを持つ方に対応してもらいたいものです。

ただ、少子化で、あらゆる業種の学生アルバイトが人手不足の現在、ボランティアがそんなに集まるかどうかも怪しいでしょう。