ソーシャルチューブ

社会ニュースを紹介!事実だけをとらえたリアリズムメディア!

移民受けいれ大国第4位の日本の現状 外国人技能実習制度の奴隷化の問題点

移民の受け入れについて、必要性をあれほど議論されている日本ですが、実は、もはや世界第4位の移民受け入れ大国なのです。

現状、これ以上移民を増やすとなれば、日本人の割合が結構減ってしまうかもしれません。

そして、日本で働く外国人労働者も過去最高だといわれています。

これも、中絶大国であったり、就職氷河期の貧困世帯を見捨てたため、本来、生まれてくるであろう子供が生まれてこないためです。

しかし、政府に献金を払っている経団連は、温室育ちで、ブラック企業だというニートや引きこもりに働いてもらいたくはないのです。

ハングリー精神があり、低賃金、長時間労働でも文句を言わない外国人労働者の移民を期待しています。

ただ、専門性の高い高度プロフェッショナルな人材は、給料が安く労働環境が劣悪な日本には来てくれません。

すでに、倍以上の賃金で、定時あがり、1カ月ほどの休暇がとれる外国へと集まっていきます。

ただ、老人中高年の比率がかなり高く、頭のかたい日本企業経営者のトップには、それが分からないようです。

日本の自己犠牲とも思える労働慣習を捨てて、移民にとって魅力的な職場環境を作ることが必要になるのです。

これだけ働いても、すでに、世界的に見て労働生産性がかなり低い国なのですから、国が規制しても無駄ではありません。

労働基準法は、タテマエとしてあるだけで、もう多くのブラック企業にやぶられております。

労働基準監督署に、企業から給料をもらっている弱い立場の労働者が内部告発しない限り、実態はあらためられないのです。

何百年後、少子化で日本人がマイノリティーになるか、絶滅すれば、悪しき企業文化は崩壊するでしょう。

また、低賃金で劣悪な環境で働いている外国人も、この国にはたくさんいます。

これは、外国人技能実習制度という悪しき奴隷制度の問題点が関係しています。

期間限定で、技能を日本で身につけて、出身国にかえってそれを活かすという名ばかりの制度ですが、実態は違います。

実は、技能とは程遠い単純作業で、労働基準法違反の低賃金、長時間労働で働かせている日本企業がほとんどなのです。

企業はできれば、終身雇用で雇いたいのが、本音ですが、労働者の方は、すぐにでて行きたがっています。

じきに、日本人の給料が発展途上国との差がなくなれば、誰も働きにいきたくなくなるでしょう。

移民に頼るというより、人工知能のAIや機械化に依存した方がいいかもしれません。

外国人が増えて、貧困になれば、治安も当然悪くなります。

そのとき、外国人に参政権付与がなされる危険性がおおいにあるでしょう。

 

 関連リンク

今日の最新ニュース速報

アメリカと中国EUの貿易戦争 関税をめぐる戦い トランプ大統領の奴隷犬になる日本

トランプ大統領保護主義の政策によって、グローバリズムは崩壊の危機にあります。

アメリカは、長年苦しんできた貿易赤字を解消しようと、中国の貿易対象品に高い関税をかけてきました。

中国は反発してきて、同じようにアメリカに向けて関税の報復措置をとろうとしてきました。

EUからもアメリカのこうした内向きなありかたを批判しています。

アメリカの奴隷犬同然の日本は、諸外国から自由貿易の推進に協力するよう頼まれています。

しかし、国防は、米軍基地に依存し、アメリカという北朝鮮に圧力をかけた恩義のある国をいまさら裏切れるでしょうか?

外国から自由貿易の推進を手伝うように頼まれていますが、強くでれないのが現状でしょう。

それだけじゃなく、今度は日本自身がアメリカから大きな貿易黒字を受け続けていることを批判されるでしょう。

いつ中国から日本の番がきてもおかしくないのです。

ただし、トランプ大統領は、北朝鮮問題の協力の必要性や、日本の米軍基地の負担、米国債購入の債権国であり、今までの安倍首相との親交があることから、まだ要請してこない可能性は高いです。

うまくいけば、貿易問題を放置してくれるかもしれません。

アメリカ国内に雇用をとり戻し、移民は排斥し、反グローバリズムをかかげたトランプ政権。

まさか大統領選挙で、トランプ政権が誕生するなんて誰も予想できないことでした。

しかし、政権が誕生した以上、世界の脅威になろうとも対応していかなければなりません。

米中との間の貿易摩擦によって、アメリカ経済がこうむる損失もあるようです。

このような対立が起きて、米英日と中ロEU第三次世界大戦が起きる可能性は、ほとんどありえないでしょう。

トランプ大統領は、基本的に商売人です。

戦費がかかるようなことはあくまで避けようとします。

北朝鮮経済制裁で分かるように、米朝戦争は最終手段としてます。

これは、ブッシュ前大統領が大量破壊兵器もないのに、イラク戦争を始めて世界的な非難をあびたことへの反省でもあるのです。

その批判から、オバマ前大統領は、戦争という手段はとらないということをアメリカ国民に約束していました。

そして、トランプ大統領は、戦争をあおるよりもアメリカ国民だけの豊かさを第一に考えて行動しようとします。

これがアメリカファーストということなのでしょう。

もうアメリカは、世界の軍隊や高い経済支援を辞めて、自国の利益のことのみを考えようとします。

ファシズムとは違いますが、世界の協調とは正反対の動きのようです。

【中古】 米中戦争前夜 新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ /グレアム・アリソン(著者),藤原朝子(訳者),船橋洋一(その他) 【中古】afb

高学歴重視に再転換した企業 海外を就活で目指す若者

前まで高学歴でも、就活で総合力を見られて、学歴じたい一部の能力としてしか見られないと考えられてきました。

採用を行う企業や官公庁で、どうやら学歴が良くても、仕事ができるとは限らないと、仕事ぶりを見て判断されてきたようです。

情報社会が進んできて、以前より知識が重視されなくなりました。

なぜなら、インターネットで調べれば、簡単に情報が手に入るからです。

従って、今は、知識より知能や応用力を重視します。

就職試験で数的処理の配点が上がったりしてるのもこのためです。

昔のように、ただ暗記する力さえあれば通用するわけではなくなり、知能のない人がは行き場がなくなりました。

異常なまでにコミニュケーション能力を重視するのも、変わった就職試験の特徴ではありました。

しかし、最近では、学歴を最重視する傾向にあります。

それは、あまりに低学歴な学生のレベルが落ちていることも影響しています。

従って、学歴フィルターで、ある程度のレベルの企業は、学歴を持った人のみが採用試験を受けられるように選別したりします。

今は、人手不足だからといって、大企業に低学歴の大学生が入れるとは限らないのです。

よっぽど優れた能力や珍しい経験がないと採用は難しいでしょう。

そうだとしても、昭和の時代のように、高学歴だったらすぐ採用というほど絶対性はなくなったのは確かです。

そのため、テレビやインターネットの動画での有名人は、偏差値の高い大学生になる意味があまりないと批判しています。

日本の東京大学は、世界的に見て大学のレベルはそんなに高くありません。

現代では、かなり優秀な日本の若者は、海外の大学に行って、海外就職するのがポピュラーです。

衰退国家にあり、長時間労働で過労死の恐れがある日本企業より、よっぽど魅力的でしょう。

今では、発展途上国だといわれた東南アジアの首都も、一部では東京以上に発展しているといわれています。

高齢者から年金で過度な負担を強いられ、税金もどんどん上がっていく国には脱出したいのでしょう。

ただし、国内の家族を見捨てたり、渡航や生活費用が莫大にかかるなど問題があります。

特に、日本人は語学の壁に苦しまなくてはなりません。

必要にせまられないと、語学は上達しません。

特に、海外の大学は、講義を討論形式で進めていきます。

よって、英語が普通に話せるレベルまで訓練しなければなりません。

また、以前と違い、国内にとどまりたがる若者だって多いです。

中には、日本語の会話や漢字すらろくにできない場合があるのです。

果たして、世界的に見て給料が低くなってきている日本企業で若者は満足するのでしょうか?

【送料無料】 若者たちの海外就職 「グローバル人材」の現在 / 神谷浩夫 【本】

西日本豪雨堤防決壊 南海トラフ大地震のリスク 災害リスクでつぶされる日本

現代は、戦後の経済復興期や高度経済成長期、バブル期に比べて、国の負債と少子高齢化などの難題で、政治家・官僚はより苦労して日本を運営していかなければなりません。

ただし、こうしたことを頑張っていても、どうしようもないリスクがあります。

それが、災害大国日本特有の問題です。

特に、地震の活動周期が近づいているのです。

前の大阪で起こった震度6弱地震がちょっと強くなれば、大惨事はまぬがれませんでした。

南海トラフ地震の前兆なのでしょうか?

さらに、その後、西日本豪雨で堤防が決壊してしまいました。

非常に広範囲の災害であり、1階にいた人は死の危険があったでしょう。

予想より大きな死者がでて、今でも避難している人がいます。

夏場なので、熱中症にも心配しなければなりません。

西日本の早い復興を心から応援します。

ただ、豪雨でこの状態なら、津波がこれば、大きな被害がでてしまうでしょう。

先の東日本大震災で、ある程度の外国人居住者が日本から離れていきました。

日本の3大都市のどれか1つに巨大地震が起きれば、日本は終わりだという意見もあります。

東京一極集中の流れで人口が集中してしまうと危険は高まります。

政府の中枢や企業の本社が集まりすぎてしまうため、一度壊滅してしまえばどうしようもありません。

災害で政府が行う財政支出は莫大です。

もう何十年も経済成長していない国で、負債が膨らむと財政が破綻してしまいます。

いくら外国ではなく、国民にしている借金といえど、本当に借金の担保とされる国民の貯金は守られるのでしょうか?

外国から借金をしてしまえば、ギリシャのような悲惨な破産をまねいてしまいます。

人口も減っていて、借金も増えてしまえば、衰退一直線です。

地震になれば、死者も莫大な数となるでしょう。

東京オリンピック後に日本は没落するといわれていますが、特に大きな災害がこれ以上起きた時点で、日本は終わってしまいます。

海に囲まれて外敵の侵入から長く守られてきた国ですが、原子力発電所も多く、放射能の危険があります。

富士山が噴火してしまうことがあります。

関東地方は、特にプレートが重なり合っている地震の危険地帯です。

東京や横浜の人口密集地帯はかなり危ないです。

ちなみに、世界で最も地震で危険とされるのは、東京だとされています。

これだけ技術は発展したと言われていますが、地震予測はどうやらできないのです。

その証拠に、予想できないところで地震は各地に発生しています。

東京オリンピック前に施設が破壊されないよう、いのるばかりです。

【中古】 オリンピックで浮かれるな巨大地震だ、津波だ、逃げろ! 2020年までに東京直下地震100%! / 船瀬 俊介 / [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】

社労士なしの精神障害厚生年金申請手続き 病歴・就労状況等申立書の書き方

今回、社労士なしで行う障害厚生年金の申請手続きを実際にやってきました。

そのうえで、精神障害年金を受けるためのハードルとして、まず医師の診断書が必要になります。

ここで、多くの人がつまづきやすいのです。

まず、あんな大きな用紙の診断書をいい気分で書いてくれる医者はなかなかいません。

なので、できる限り、社労士同伴で障害年金の手続きをした経験のある精神科医を見つけるのがベストです。

それに、診断書を書いてもらう前に、用紙の項目について質問をされます。

職歴や病歴などの生活な日付が必要になるので、まとめた紙のリストを準備してきてください。

自分の場合は、就職用の履歴書と病歴の記された病歴・就労状況等申立書を持っていたので、その両方を提出して、医師からOKをもらいました。

また、私は、たまたま社労士と一緒に手続きをしている人を病院で目撃したので、ラッキーでした。

障害年金の診断書を書いたことのある経験豊富の医師から、「おそらく通ると思います」と回答もいただいてます。

しかし、だからといって、必ずしも申請が通るとは限りません。

私の場合、障害厚生年金3級で妥当だと思います。

なぜなら、日常生活をこないせないほど、周囲に迷惑をかけすぎていないからです。

仕事とは十分言えないまでも、B型作業所で作業をこなしてはいます。

本当にそれ以上の級の障害年金が必要な人だと、周りのサポートがないとまともな生活が送れないのです。

奇声や妄想などで親の負担ははかりしれません。

そんな人だと、本人で障害年金の手続きすら不可能です。

必ず親などの親族が代行者になって書くしかありません。

病歴・就労状況等申立書を書くうえで、注意しなければならない点は、診断書の内容と矛盾した書き方をしないことです。

そして、日常生活を自発的にできるが、周りに援助してもらわないとできないという項目が最低2つ以上ないと、年金の申請は通りにくいでしょう。

私は、大学卒業後から初診の病院に通うまでを最初に書き、現在の病院に通っている様子を最後に書きました。

全般性不安障害から症状が重くなって、統合失調症になった事後重症の請求です。

最後に、年金事務所で書類はできるだけ書かない方が良いです。

なぜなら、相談員と対面して書くと、緊張などで十分な病状を記すことができないからです。

事前にすべての書類を書いておくことをオススメします。

障害年金の結果は、3ヶ月後に分かるようです。

どうなろうと、運命だと思って割りきるしかありません。

障害年金・生活保護で不安なく暮らす本 [ 房野和由 ]

統合失調症の確定診断 幻聴幻覚・独り言・妄想の精神病 ジプレキサの問題

私が統合失調症にかかったことについて、現時点の診断状況をご報告致します。

最初の診断では、医者の方から、一過性の短期精神障害でないか、与えられる薬物の状態を見て確認するとの返事がきました。

与えられる薬は、ジプレキサという薬物であるようです。

まず、2.5mgから投薬を開始し、今では、3倍の7.5mgの薬物を日ごとに飲んでいます。

また、診察で私が主張した病状は、独り言がとにかくひどいということです。

それも、相手に避難された言葉や印象に残った会話の内容が、頭の中にこびりついて、離れようとせず、ほかのことに集中できなくなります。

そこから、思考がのっとられたかのように、相手との会話の内容を繰り返ししゃべったり、悪口への返答を繰り返したりしているのです、

そんな独り言を、話し相手がいない状態なのに、何回も続きます。

こういった異常行動に加え、幻聴・幻覚・妄想・独り言の精神病も発生していました。

私の場合、相手と目が合うと、相手が気持ち悪がったり、監視しようと怒った顔でにらみつけてくるように感じてしまいます。

今では、電話の音に責められるようなショックを感じますし、家に訪問してくる相手が襲ってきそうな警戒妄想を抱いてしまいます。

それ以外に、一番深刻なのが、相手が私に軽く注意するだけで、激しく迷惑をかけてしまった、極度に不快にしてしまったと思い込む加害妄想です。

そんな軽い指摘だけでも、私は、命懸けで守る使命であるかのように拡大解釈してしまいます。

これで、頭の中がノイローゼになり、業務に集中できなくなったせいか、過去の仕事のミスを数多く生みだしていきました。

きっと、心の中で自分のことを、悪人・疫病神だと思い込んでいるのでしょう。

過去のトラウマや失敗体験が、ひねくれた人格を形成してしまっているのです。

さらに、相手に非難されたときに、自分のことをすべて否定されたかのような被害妄想をもつ傾向にあります。

そのことで、無意識に強大な敵意が発生し、人間関係のトラブルに発展しうるのです。

過去の山奥でやった自殺未遂も強烈な被害妄想から起きたものでした。

以上の症状を医者にうちあけ、今では、統合失調症と社交不安障害の確定診断を受けました。

ジプレキサは副作用で太りやすくなるため、今では、間食のおやつを避け、調整している状態です。

まだ症状もおさまらず、投薬の量を試している段階なので、手帳の診断書が書ける状態にありません。

ただ、ジプレキサの効果で、徐々に妄想・幻聴・幻覚はやわらいでいるので、そろそろ症状をコントロールできそうなレベルにきています。

〔3訂版〕精神疾患にかかる障害年金請求手続完全実務マニュアル [ 塚越良也 ]