読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルチューブ

社会ニュースを紹介!事実だけをとらえたリアリズムメディア!

日雇い生保 貧民が住む簡易宿泊所で大火災 死者数名重軽傷の人間を搬送

f:id:hirosi777abcd:20150519092618j:plain

 

5月17日、生活に困窮した人々が住む簡易宿泊所で大きな火災が発生しました。

木造のボロいつくりであったため、周辺の住居に火が移りやすかったみたいです。

起きた場所は、神奈川県川崎市でした。

この地域は、意外に在日外国人が多い地域です。

思った以上に、街のスラム化も結構進んでいます。

火災にあった人の中には、死者が数名、重軽傷多数、行方不明者がいるそうです。

出火原因はいまだ不明で、原因は解明されていません。

また、放火の可能性もないわけではありません。

ドヤ街といわれた日雇い労働が盛んに行われた時代は過去のものとなりました。

今まで通り、日雇いで生計をたてていくにも、仕事は減少し、給料も下がる一方なのです。

これでは、生活なんて成り立つわけがありません。

それに、働き手が高年齢化するにつれて、やれる仕事も限られていきます。

労働者は、ナマポ以下の労働に嫌気がさし、働く意欲が削がれていくのです。

今では、生活保護受給者専用の簡易宿泊施設となり、住所を提供しているようです。

ある意味、これは貧困ビジネスといえてしまえるでしょう。

利用者は、ほぼ高齢者で占められており、火災の避難が大変だったようです。

住居を燃やされた被害者は、これからまた新しい住居を探すことでしょう。

生活保護は住所がないと受けられないので、結局、また簡易宿泊所を利用するしかありません。

抜け出そうにも抜けることができない貧困ビジネスの闇。

ところが、貧困ビジネスを国が規制したとしても、今までの日雇い労働者はホームレスになるだけです。

治安悪化や餓死事件も起きてしまいかねません。

場所によっては、貧困ビジネス生活保護の限度額まで金銭を要求し、暴利で金額を搾取する住居の管理人も存在します。

その残った僅かな金銭から、利用者は月の生活をおくらなければなりません。

ところが、利用者の中には、酒とギャンブルで保護費をすぐに使ってしまう者までいるようです。

昼間から酒を飲み、ギャンブルで、早くも生活保護を使いきってしまいます。

彼らにとって、酒とギャンブルのみが残された生きがいなのです。

そうしたギャンブル依存症の人間の場合、管理人にお金を預けて、衣食住の管理をしてもらった方が好都合でしょう。

こういった施設は、東京都大阪の貧民街にあると思われがちですが、以外にも地方各地に見られるのです。

まるで、昭和の街なみの風景がそのまま残ったような地域です。

時代の流れにとりのこされた地域ともいえるでしょう。

定員割れした9割以上の法科大学院 莫大な奨学金で割に合わない弁護士就職

著作者:freedesignfile.com

f:id:hirosi777abcd:20150512161109j:plain

 

法科大学院が全国で余計につくられてきた結果、弁護士が余計に増えることになりました。

その結果、弁護士が高給職という認識はなくなり、法曹界の権威は低下していきました。

公認会計士も同じようになりやすくしましたが、難関資格の価値が暴落する結果となったのです。

こうして、ペーパーテストの努力だけで、司法試験に挑戦する人々のやる気を破壊していきました。

法科大学院を受けるくらいなら、ほかの仕事に就きリスクヘッジし、弁護士の予備試験で士業を目指す方がローリスクだと、多くの人は考えています。

また、仕事のとりあいが職務の価値低下をひき起こし、年収100万円レべルで仕事をする弁護士まであらわれています。

資格をとってから、コミュニケーション能力のなさから弁護士を辞めてしまう人もいますが、一定の能力をもちながらも、司法試験合格後、別の仕事をやる人もいるでしょう。

しかも、検察官や裁判官は限られた人しかなれず、門戸は狭いままです。

こんなに弁護士が多くては、アメリカのような裁判大国でない日本では、仕事にあぶれる法律のスペシャリストもでてくることでしょう。

アメリカの場合、特に試験というものがなく、法律専門学校を卒業すれば、弁護士に誰でもなれるのです。

それに比較して、日本の新司法試験がどれほど中途半端に難しいのか、正気を疑います。

こんな法科大学院の制度は、金持ちであればあるほど、有利な仕組みです。

その点、旧司法試験の仕組みは、貧乏人には優しい内容でした。

貧乏人は、司法試験に合格するまで、大学院の莫大な授業料を支払わなくてはなりません。

奨学金を支払い義務を負う形で、貧乏な司法浪人はたくさん発生することでしょう。

日本の奨学金制度は、ほとんどが借金とほぼ変わりません。

中には、返済自体に困り果てる人もいるでしょう。

むしろ、弁護士側から積極的に営業をしかけて、今まで訴訟にならない騒動まで訴える例もでてきています。

弁護士を受け入れる側も、旧司法試験に合格した人の方を優遇する始末です。

受け入れる弁護士事務所が、弁護士の数を雇いきれない現実がそこにあります。

これで、失望した優秀な人間が法曹会からどんどん流出することになりかねないでしょう。

法科大学院の作りすぎがこのような事態を招いた以上、大幅に法科大学院を減らすべきです。

それか、旧司法試験に戻すべきだと思います。

それ以外に、法曹会の利権や天下りのために、法科大学院の増設をした可能性が十分あり得ます。

持病の苦しさから自殺できない高齢者 兄弟に他殺を依頼し殺害死 魂の成長

f:id:hirosi777abcd:20150507092809j:plain

 

長生きし、続く持病の苦しさから、死ぬことに希望を見いだす男性。

しかし、自殺を決行するにしても、未遂に終わる確率があります。

そうなると、今以上に身体が損傷し、再び自殺することができない体になります。

首吊りやヘリウム、練炭自殺は、主に脳内へ酸素の供給をストップする死に方です。

そうなると、脳細胞が破壊されてしまい、二度と修復することができなくなります。

そうした恐怖から、年間3万人の自殺者者の倍の数だけ自殺未遂者がたくさんいるのです。

いくら成功しやすい首吊り自殺といえども、未遂で終わる確率はかなりあります。

良く人生は魂を成長させるシレンという考え方があり、自殺は途中から逃げた行為だとされています。

スピリッチャルの考えやキリスト教の思想では、自殺そのものが非難される行為なのです。

しかし、何を好んで苦しい人生をあゆまなきゃいけないのでしょうか?

今を苦しんで生きている人々からすれば、原罪の考えそのものが良い迷惑なのです。

これでは、そんな魂の修行を定義した者を憎まずにいられなくなります。

もし、そんな人間界のルールを定めた者がいるのであれば、それは自分勝手な考え方なのでしょう。

もううんざりした人間であるならば、一生、どんな生物にも生まれ変わりたくないと思うかもしれません。

従って、安全な魂のシェルターでずっと閉じこもっていたいと希望しかねません。

そんな自殺できない不健康な苦行から逃れるべく、高齢者の男は、兄によって殺害されることを望みました。

他殺によって、死ぬことへのためらいを少しでも防ごうとしたのです。

そうすれば、少なくとも未遂に終わることはありません。

刺して殺害した側の兄も、自身が罪を背負う覚悟があったのでしょう。

普通の人間ならば、正気を疑う弟の願いなのです。

それでも、兄弟の想いをくみとり、殺してしまった無念さは当事者でないと理解できません。

せめて迷惑をかけずに死ぬべきだったとしても、弟に自殺する才能がなかったのかもしれません。

自殺にも成功する運や不器用などが関わってきます。

いくら、兄が、老い先短い高齢者だからといって、刑務所の生活は負担になってきます。

本人が受刑者となる気をを持つのは恐ろしいことです。

弟の遺書でこれが自殺だとしても、日本の法律では他殺と認定されてしまいます。

弟の考え方が甘いという意見もありますが、本人が罪を受け入れる以上、どうしようもありません。

もし、これで安楽死があるならば、弟は選択死を望んでいたことでしょう。

父親の死体を3年間放置し年金を不正受給 収入確保したい中年の男性を逮捕

f:id:hirosi777abcd:20150430092443j:plain

 

収入を見込めない人間にとって、親の年金は理想的な収入源です。

最近では、パラサイトシングルという形で親と同居する子が増えています。

当然、収入が下がれば、同居してやっていくしかないでしょう。

ある意味、あたりまえの行動のように思えます。

そうでない場合は、親と仲が悪いか、金銭のトラブル絡みでしょう。

一度、失職すれば挽回できない日本社会であればこそ、両親に寄生して収入を確保しようとします。

ましてや、中年になれば、再就職は困難です。

給料も以前より低下し、いつクビをきられるのか分かりません。

そういった不安を胸にビクビクしながら仕事をすることになります。

そういった収入の少なさへの恐怖がエスカレートした形で、ある事件は起こります。

それは、中年男性が、父親の死体を3年間放置し、年金を不正受給しようとした事件です。

長年連れそった親が生きていることにして、手に入れようとした年金の収入。

息子による偽造工作は3年にわたり、実行され続けました。

生活保護などの制度を違法でない範囲でうまく利用するならともかく、これは、完全な犯罪です。

気持ちはわかりますが、残念ながら捕まるしかありません。

逮捕された本人は逃げきれるとでも思ったのでしょうか?

今のところ、こうした手口で成功した人はいないでしょう。

基本的に、遺体を放置した時点で、死体遺棄として罪に問われるのです。

通常、親が死んだ時点で、死亡手続きを期限以内にこなさなければなりません。

そこから、葬儀を行い、手間のかかる作業をこなさなければなりません。

この事件で、親の死体は、年数が経過しており、白骨化していました。

悪臭だって相当ひどかったことでしょう。

今後、高齢化の流れから、こういった事件は増えていきそうです。

近所の方々とは疎遠になっているため、遺体に気づかない人は良くいます。

不正な年金取得を防止するために、本人確認を徹底すべきなのでしょうか?

そのためには、高齢者本人に出会う必要があります。

ただ、そのための行政コストは結構かかるはずです。

病院で死亡したのなら、問題は防げますが、自宅の場合、真っ先に死亡確認をするのは家族なのです。

子供が長期間無職になった場合、親の年金から援助をする例が多いのです。

65歳以上になって、年金をもらえるようになる場合、すぐに亡くなれば、損するだけです。

いつしか親子のストレスがたまっていき、感情的な暴行にでることもあります。

こうして、高齢化した親子の殺人事件がいたるところで起きていくでしょう。

サンクスコンビニ店長が競争相手のローソンで強盗未遂 意味がない犯罪行為

f:id:hirosi777abcd:20150424094155j:plain

 

コンビニ業界大手であるローソンにて、強盗を行おうとした男性が23日に逮捕されました。

犯人を特定するが早かったのは、後に、防犯カメラから、近くのコンビニサンクスの店長と顔が良く似ていることが判明したからです。

その結果、強盗未遂として捕まった男性は、犯罪行為を全面的に認めております。

しかし、コンビニの店長ともいえる立場なのに、お金に困っていたのでしょうか?

ひょっとしたら、経営しているサンクスの売上は、長期赤字に落ちいっていたのかもしれません。

金策に困り果てた店長は、みさかいなく、ライバル店で強盗を行おうとした可能性があります。

そこまでしないと、ハイリスクな強盗行為なんて行わないわけです。

監視カメラで観察し、コンビニを運営する立場であるほど、逃げきれる犯罪でないことは分かりきっているはずです。

それほど、急に思いたったことで、ほかのことを考える余裕なんてなかったのでしょう。

考えられる最悪の可能性を排除し、イザ強盗を決行しても、店員の対応が強く、犯罪行為は失敗してしまったのです。

しかも、顔を丸出しで犯行をすれば、素顔がカメラ映像に記録されてしまいます。

準備や計画もずさんなままで、うまく相手を威嚇し、お目当ての金銭は得られなかったようです。

コンビニの店長というのはかなり大変な仕事です。

普通、フランチャイズ契約で、店長としてコンビニを運営をします。

ただ、365日24時間営業のコンビニでは、人を雇わなければ、店長が倒れてしまいます。

アルバイトが人手不足なら、すぐ健康問題に発展するのです。

これで、重い病気にかかり、営業活動ができなくなった元店長もいるはずです。

しかも、商品の微益を積み重ねることで、ようやく黒字化するシステムです。

お客さんの回転率をあげるため、コンビニを建てる場所も考慮しなければなりません。

地方なら、車の駐車場が広い必要があります。

もし、数年単位で利益をあげられなければ、すぐ撤退するだけです。

失敗すれば、虚しい形でコンビニ跡地が残存します。

今回、事件を起こしたコンビニ店長は、潰れかけのサンクスを経営していたのでしょうか?

長時間労働のストレスで頭がおかしくなり、犯行を計画したかもしれません。

現在、少子高齢化の人手不足でアルバイトがなかなか集まりません。

コンビニのアルバイトは、結構、覚えることが多くて大変でしょう。

移民である外国人もなかなか適応は難しいと思います。

中には、コンビニ店員の要領が悪くて、怒鳴り散らすモンスタークレーマーを目撃することだってあります。

割に合わないバイトなら、労働者は逃げていってしまうのです。

ローコストな生活を志す若者 自作小屋で節約して自給自足を目指す人間の姿

f:id:hirosi777abcd:20150417214636j:plain

 

辛い働き方から逃避し、ローコストで自立した暮らしを志す若者が増えています。

こういったネットやリアルでつながりをもった彼らは、共同生活をしながら、衣食住をともにしているのです。

過去に、仕事で長時間労働をしていきづまった人が自作で小屋をつくり、暮らしています。

千葉県内の田舎の土地を購入し、テント生活で建てた自分の住宅。

飲み水は井戸水とし、電気の契約を最低限のプランとすることで、月3~5万円の生活費で生きているらしいのです。

これなら、うまくいけば、国民年金で生活できると思います。

障害年金をもらっている人でも、働かずに暮らせるかもしれません。

今は、買い物で食料を買いながらも、家庭菜園から食費も自給自足で補うつもりのようです。

本人は節約するつもりでこういった生活を選んだのでしょうか?

ただ、興味本位で住宅の設計図をインターネットで見つけ、建築を行ったようなのです。

これくらいなら、アルバイトでも生計はたもてます。

それに、他人と協力して、ともに暮らすコミュニティをつくれば、なおさら安上がりでしょう。

ただし、これだと、季節の暑さや寒さに耐える手段がないことや、トイレなどが不便になるでしょう。

固定資産税の支払いや法的な問題に対処できているのでしょうか?

そして、公衆トイレをそのまま利用するのでしょうか?

とにかく、こういったことは趣味感覚でできる人じゃないと、なかなか実現するのが難しいのです。

このようなリスキーなやり方が嫌なら、ゲストハウスに住むのも、貧乏人の知恵ともいえます。

アメリカでは、トレーラーハウスというものが流行っています。

キャンピングカーのように車が自宅に変貌していくのです。

また、現代社会では、節約することが一般庶民にまで広がっていきました。

これにより、消費する購買層がどんどん小さくなっているのです。

そうなると、必然と企業収益も減ってしまいます。

節約というのは、一部の人がするからこそ、優位に立てる考えなのです。

みんながやってしまえば、かえってマイナスになってしまうでしょう。

こうした不況が20年近く続く日本では、買い控えが当たり前の発想として溶け込んでしまっています。

デフレの暗い闇の中で、安売りの商品ばかり生まれる温床になってしまっています。

しかし、国全体は貧乏になっていきますが、個人の幸福度さえ下がらなければ、どうにかなります。

若者の中で少数派ではありますが、貧乏生活に適応できる人もいるということです。

死ぬのが怖い