読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルチューブ

社会ニュースを紹介!事実だけをとらえたリアリズムメディア!

動物遺棄 食肉となる生物の運命 自然に優しいナメック星人 解体される肉片

f:id:hirosi777abcd:20141204184028j:plain

 

この世の中、不幸になるのは人間だけとは限らない。

無機物に生命が宿っているのかは不明確だが、少なくとも、動物は生死に翻弄される。

運が悪ければ道路で車にひかれたり、飼い主の人間に虐殺されてしまうのだ。

まだ世間を知らない少年達の暴力の標的にも利用されるだろう。

飼い主が扱いに困れば、閉鎖された部屋に放置し、エサも与えることなく放置される。

ろくな栄養もとれないまま、やせ細っていく動物の悲鳴。

徐々に衰弱して、悪臭を放つ死骸へと姿を変えていく。

処分に手間をかけるのが面倒なので、道端でペットを大量に遺棄される。

また、競走馬の宿命は、はかないものである。

成果を残せず、足を故障したものなら、チリのように去っていく。

寿命も人間のように長くわなく、短命で死亡する。

無論、食肉として食べている、牛、豚、鳥、魚なども例外ではない。

彼らは、生まれながらにして人間に食べられることを宿命づけられている。

大量に飼われている動物達は、そんなこと微塵も感じていないだろう。

ある程度成長すると、殺されて、骨と臓器や肉片に解体される。

それが、スーパーマーケットでタッパーに入れて販売される。

肉片を調理して、料理をつくる一般市民には、そんな罪悪感を感じられないだろう。

いつしか大多数の人は、食肉を狩って、分解・保存する過程から逸脱してしまった。

天国・地獄行きなど、熱心に議論している人がいるが、所詮、人が決めたルールに過ぎない。

食物連鎖という言葉もあるが、それなら全ての生物が罪人だ。

ただ、罪という認識ができる生物は人間しかいない。

餓死してしまう程、追い詰められている貧困層は、そんなことも考えてられない。

どんな生物に生まれてくるかは、誰にも分からない以上、目の前の食料を食っていくしかないのだ。

そこまで否定してしまえば、人間の存在意義もなくなってしまうだろう。

動物から進化したものとして、あらがえない宿命なのだ。

そういった苦しみから逃避するために、人間は宗教をつくった。

生まれながらの原罪を洗い流そうと、必死になる人類のうめき。

ナメック星人のように、少量の水で長く生き、好きな物質も魔法のように作りだせる生物でもない。

宇宙空間で生きられるフリーザ一族もすごいものだが、再生力のあるナメック星人は究極のエコ民族である。

そんなスペックをもっていたら、自然優しいし、破壊せずにすむだろう。

あくまで、ドラマや漫画でつくられている人物は、フェクションでもあり、リアルでは実現できない人間の理想そのものなのである。

人間は、摂取した食物の栄養を、長期間、ストックできるようにはできていない。

どんなに美味しくて、高価格な食べ物も、1日経てば、空腹感とともに薄れていく。

そうなると、死ぬ直前に食べた最高の一品が、一番鮮明に残ることになる。

死ぬのが怖い