読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソーシャルチューブ

社会ニュースを紹介!事実だけをとらえたリアリズムメディア!

持病の苦しさから自殺できない高齢者 兄弟に他殺を依頼し殺害死 魂の成長

自殺

f:id:hirosi777abcd:20150507092809j:plain

 

長生きし、続く持病の苦しさから、死ぬことに希望を見いだす男性。

しかし、自殺を決行するにしても、未遂に終わる確率があります。

そうなると、今以上に身体が損傷し、再び自殺することができない体になります。

首吊りやヘリウム、練炭自殺は、主に脳内へ酸素の供給をストップする死に方です。

そうなると、脳細胞が破壊されてしまい、二度と修復することができなくなります。

そうした恐怖から、年間3万人の自殺者者の倍の数だけ自殺未遂者がたくさんいるのです。

いくら成功しやすい首吊り自殺といえども、未遂で終わる確率はかなりあります。

良く人生は魂を成長させるシレンという考え方があり、自殺は途中から逃げた行為だとされています。

スピリッチャルの考えやキリスト教の思想では、自殺そのものが非難される行為なのです。

しかし、何を好んで苦しい人生をあゆまなきゃいけないのでしょうか?

今を苦しんで生きている人々からすれば、原罪の考えそのものが良い迷惑なのです。

これでは、そんな魂の修行を定義した者を憎まずにいられなくなります。

もし、そんな人間界のルールを定めた者がいるのであれば、それは自分勝手な考え方なのでしょう。

もううんざりした人間であるならば、一生、どんな生物にも生まれ変わりたくないと思うかもしれません。

従って、安全な魂のシェルターでずっと閉じこもっていたいと希望しかねません。

そんな自殺できない不健康な苦行から逃れるべく、高齢者の男は、兄によって殺害されることを望みました。

他殺によって、死ぬことへのためらいを少しでも防ごうとしたのです。

そうすれば、少なくとも未遂に終わることはありません。

刺して殺害した側の兄も、自身が罪を背負う覚悟があったのでしょう。

普通の人間ならば、正気を疑う弟の願いなのです。

それでも、兄弟の想いをくみとり、殺してしまった無念さは当事者でないと理解できません。

せめて迷惑をかけずに死ぬべきだったとしても、弟に自殺する才能がなかったのかもしれません。

自殺にも成功する運や不器用などが関わってきます。

いくら、兄が、老い先短い高齢者だからといって、刑務所の生活は負担になってきます。

本人が受刑者となる気をを持つのは恐ろしいことです。

弟の遺書でこれが自殺だとしても、日本の法律では他殺と認定されてしまいます。

弟の考え方が甘いという意見もありますが、本人が罪を受け入れる以上、どうしようもありません。

もし、これで安楽死があるならば、弟は選択死を望んでいたことでしょう。

死ぬのが怖い